審査サイクル


認証取得すると、毎年マネジメントシステムを維持して業務が進められていることを確認するサーベイランス(定期審査、維持審査ともいう)が実施され、三年目ごとに再認証(更新)審査が行われます。

ST1審査(ステージ1審査と呼ばれる)

システムが構築されているか。

内部監査・マネジメントレビューが実施されていてST2審査へ進められるか?の観点で行われる審査です。


ST2審査(ステージ2審査と呼ばれる)

構築されたシステムがて適切に運用されているか、全体に審査されます。

審査後、登録証が発行されます。


サーベイランス審査

システムを維持しながら業務が実施されているかを確認する審査です。

(通常 年1回実施されます。)


再認証審査

全部署全項目を網羅する3年ごとの審査です。

(新登録証が発行されます。)